不動産取引では、実印と印鑑証明書を用意してもらうことが多いのですが、

最近、ご自身が実印だと思っていた印鑑が、実は実印ではなかったという事例に

遭遇することが多いです。

 

ほとんどの場合が、個人の、名字のみの印鑑です。

 

 

 

 

 

 

例えば、こんな感じです。これ私の持っている認印ですが、はんこ屋さんに行くとすぐ買えます。

石の「口」部分だったり、丸の「点?}部分だったりと微妙に角度や長さ、大きさが異なります。

上の写真はわかりやすいですが、パッと見て違いがわからないものは結構多いです。

画数が少なかったり形が簡単なものは難解かもしれません。

たとえば「田中」という名字とか。

(別に田中さんという名字が悪いと言っているわけではありません。全国の田中さんすみません・・)

 

不動産取引の際に、実印(と思っていたもの)と印鑑証明書の印影が違うと、

その取引が出来なくなってしまいます。

家に取りに帰るか、実印登録し直すか・・

 

多くのそんな事例に立ち会わせていただいたので、印鑑を見る目も肥えてきました(^_^;)

何事も経験ですね!

今後印鑑がなくなる可能性もあります。

個人的には、なんでもかんでも印鑑っていうのは無くすべきだとは思いますが、

印鑑は日本の文化ですし、実印の制度自体はなくさないでほしいです。

 

 

さいたま市の司法書士法人

無料相談実施中