About admin

この作成者は詳細を入力していません
So far admin has created 8 blog entries.

~司法書士・相続法改正の研修~

  土曜日(11月3日)は研修でした。 相続法改正で、大きく今までの手続きが変わります。 配偶者居住権の保護
遺産分割に関する見直し
遺言制度の見直し... 今までの手続き等が大きく変わります。 いつから施行されるのかは未定ですが、しっかり勉強して備えなければなりませんね。     さいたま市の司法書士  司法書士法人いしまる事務所 [...]

2019-01-08T14:56:45+09:002018年11月04日|お知らせ|

相続・遺言による登記について

以前遺言による登記のご依頼の方がいて、結果として相続人間で折り合いが付かず、私は受任契約を解除したことがあります。 それについて、なぜ辞めるんだ!というクレームになってしまいました。司法書士にはできることできないことがあって、今回のような不動産等の高額な争訟性のある案件はお受けできません。なかなかご理解いただけなくて、理解していただくって難しいなと感じた案件でした。 あれから2年。調停になってようやくまとまったとのご報告とともに、登記のご依頼をいただきました。(前回のクレームの方ではなく、相続人のお一人です。)今回は、遺言の内容にもちょっと問題がありました。遺言をするにも色々考えなければなりません。相続人が争うことの無いようにしたいですね。 さいたま市の司法書士  司法書士法人いしまる事務所 ~for the customer~

2018-12-20T00:27:00+09:002018年10月20日|お知らせ|

相続登記について

平成28年に相続手続きのご依頼いただいたのですが、結局遺産分割協議が整わず、委任契約を辞任せざるを得ず、弁護士による調停事件となった案件がありました。この案件では色々あったので記憶に残っていたのですが、今回その相続人の一人から、ようやく調停が終わり一つの物件が売却できたので、その方が単独で取得する不動産の名義変更をしてほしいとご依頼をいただきました。もう2年前のお話。ようやく決着がついて、良かったなと。 司法書士は、相続に関することはある程度お受けすることができるのですが、相続人同士で話がまとまらない場合は弁護士さんの分野になってしまいお役にたてません。(税務のことは税理士さんです。)今回は一度私の手を離れたのですが、気になっていたので最後にお役にたてて良かったです。 ※ 一般の方向けの記事ですので、わかりやすくを意識して表現しています。 さいたま市の司法書士  司法書士法人いしまる事務所 ~for the customer~

2018-12-20T00:27:23+09:002018年10月13日|お知らせ|

遺言の確認

相続が発生した場合、まずは遺言書があるかを確認しましょう。 

遺言があれば、原則その内容通りの効力が生じます。
もし、お亡くなりになった方が遺言を公正証書で作成していたら、
「公証役場」というところで調べることができます。

 この遺言公正証書を調べるには、遺言した方がお亡くなりになった場合のみ、
相続人、受遺者及び遺言執行者などの利害関係者が調査できます。

しかし遺言者が生存中は、遺言公正証書の調査はできません。
本人しか確認ができません。 
遺言公正証書を調べる(検索・謄本請求)には?

 1. 遺言者本人が死亡したことを証明する書類
   除籍謄本・死亡診断書等
 2. 請求人の利害関係者であることを証明する書類
   戸籍謄本(①の除籍謄本に、請求人の名前が載っている場合は不要)
 3. 請求人の身分を証明するもの
  印鑑登録証明書1通及び実印
   又は
官公庁発行の顔写真付き身分証明書及び認印
     パスポート・運転免許証・住民基本台帳カード(顔写真付)など

 [...]

2018-12-20T00:28:54+09:002018年09月15日|お知らせ|

法務局からの連絡

先日、根抵当権の追加設定登記をさいたま法務局へ提出しました。 
で、昨日の夜に法務局の担当さんから補正のTELが・・

 こういう補正のTELはいやなもんなんです(>_

2018-12-20T00:29:14+09:002018年09月07日|お知らせ|